MENU

SOLAR 太陽光発電について
ホーム > 太陽光発電について

オール電化と
太陽光発電について 商品の特性やメリット・デメリットを理解しよう





オール電化 + 太陽光発電で
年間費用が約82%削減

太陽光発電システムを4.4kW設置した東京の平均的な家庭の場合、売電料金も合わせると年間で約52%の光熱費削減が可能です。さらにオール電化にすれば、オール電化住宅向けの電気料金プランの適用とガス料金の削減で約82%の光熱費削減を期待できます。

※アップソーラー太陽光発電システム4.4kWシステム導入時の年間予測発電量全国10都市の平均値約4,970kWhの発電量で自宅使用を50%、売電を50%の場合。
※年間光熱費250,000円(電気ガス併用)で電力使用料金25円/kWh、売電料金28円/kWh
※オール電化導入後の年間光熱費は160,000円として算出しています。
※太陽光発電およびオール電化を導入した場合、光熱費削減は目安であり実際とは異なります。
※換算電気料金は目安であり実際の売電電力料金とは異なります。
※当社光熱費シミュレーションにより算出された削減率の目安であり、実際とは異なります。
【買取価格】※2017年5月末日時点
10kW未満:30円(税込)/kWh未満(電力会社管内での価格 買取期間:10年)
10kW以上2,000kW未満:21円+税/kWh(電力会社管内での価格 買取期間:20年)
10kW未満のW発電(自家発電設備等併設)の場合は、①:25円(税込)/kWh 27円(税込)/kWhとなります。
※太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)を電力使用料に応じてご負担頂きます。
詳しくは当社にお問い合わせください。


エコ給湯のメリット・
デメリット

エコ給湯のメリット

メリットは電気代が安いことです。電気温水器の電気代と比べても約3分の1になります。電気温水器も電気代が安くなる深夜にお湯を沸かしますが、それよりもさらに安くなるということは、家庭で使う全電気の数パーセントしか給湯に必要ないということです。これは、ガスと比べてもかなりお得です。また、自然の熱を利用するということで、CO2削減にもつながります。さらに、沸いたお湯は給湯器の中に保温されていますから、水道が止まった際にも使うことができます。災害時の備えにもなります。

エコ給湯のデメリット

最大のデメリットは使えるお湯に限りがあることです。お湯を大量に使うと給湯器内のお湯が尽きてしまうことがあります。家庭で使うお湯の量をしっかりと把握して給湯器の容量を選ばないといけません。また、給湯器内にお湯を貯めるという性質上、大型になりやすくなってしまいますので、設置場所などしっかり相談した上で取付けましょう。

オール電化と太陽光発電は
セットがお得?

オール電化と太陽光発電はとても相性がいいのは事実です。しかし太陽光発電を取り入れてもオール電化にしない方がいい場合もあります。実際、オール電化と太陽光発電を一緒に検討されることは多いのですが、もともとオール電化と太陽光発電は全く別の特性を持った商品なのです。

太陽光発電は  電気代を下げる商品
オール電化は  ガス代を下げる商品

ガス代が安いご家庭でも
オール電化はお得?

オール電化を導入すれば、ほとんどのご家庭は月々の光熱費が少なくなります。ただオール電化は初期投資額が大きいので、多少の光熱費が少なくなる程度では結果的にお得にはなりません。オール電化を導入して損をしてしまうのはもともとガス代が安いご家庭です。今のガス代が6,000円未満の方はオール電化を導入することにより負担額が増えてしまいます。金銭的メリット以外に以下のような物理的メリットもあるのでよくご検討下さい。

オール電化の物理的メリットについて オール電化の物理的メリットについて

オール電化の相場価格と
費用回収年数

オール電化の価格はエコキュートとIHクッキングヒーターの商品代、工事費などすべて込みの金額です。オール電化の相場価格は約70万円です。この金額を下がった光熱費で回収していくことになります。月々のガス代が10,000円のご家庭でシミュレーションした場合、月々のガス代は当然0円となり、エコキュートとIHクッキングヒーターを導入したことによって電気代は上がります。金額はおよそ2,500円くらいといわれています。つまりオール電化にすると1年間の光熱費減は次のようになります。

つまりガス代10,000円のご家庭にオール電化を導入したときの費用回収年数は7〜8年となります。オール電化の寿命はだいたい10〜15年といわれているので十分な期間です。



第一機工ヘTEL.0120976098
お問い合わせはこちら 電話